ヴァイオリニスト/Violinist ~UNESCO Artist for Peace/ユネスコ平和芸術家~

PROFILE

in English

二村 英仁/Eijin Nimura ~UNESCO平和芸術家/UNESCO Artist for Peace~

Photo-for-PROFILE-III-300x300東京生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。故アイザック・スターン氏の勧めにより9歳から16歳まで毎夏渡米し、ジュリアード音楽院の故ドロシー・ディレイ女史に個人教授を受けた。11歳の時に名指揮者故ユージン・オーマンディー氏に激賞され将来を嘱望される。東京芸術大学附属高校を経て同大学卒業。1994年パガニーニ国際コンクール第2位。1995年日本国際音楽コンクール第1位。その他幼少の頃よりコンクールにて優勝。1996年出光音楽賞受賞。主に海外において演奏活動を開始し、欧州の重要なホールにて成功をおさめてきた。

チャリティー・コンサートへの参加も積極的に行ない、紛争後のボスニア・ヘルツェゴビナ国内にある職業復帰訓練所への義手・義足の多数寄付など多くの社会活動が認められ、1998年国連教育科学文化機関(UNESCO)より日本人として初の「UNESCO平和芸術家」に任命された。その後もサラエボ・コソボ・パレスチナ等で演奏。「徹子の部屋」「筑紫哲也NEWS 23」「題名のない音楽会」「スタジオパーク」「東急ジルベスターコンサート」等の出演をはじめ多数のテレビ・雑誌等のメディアに取り上げられた他、NHKドラマシリーズ「夢みる葡萄」のメインテーマやエンディングテーマ等の演奏も手懸け、2004年にはニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。これまでに国内主要オーケストラをはじめ、海外オーケストラとの数多くのコンチェルト共演を重ね、華々しいキャリアを築いている一方で、「UNESCO平和芸術家」として音楽を通じての社会貢献活動に取り組んできた。
2011年以降は日本ユネスコ協会連盟が行なっている「東日本大震災子ども支援募金」や「熊本震災被災地支援」協力のため、全国各地を積極的に演奏して廻っている。2012年11月“芸術による世界平和への貢献”を称えられ、イスラエルより「世界平和親善大使」の称号を授与された。2015年UNESCO創設70周年にあたりパリ本部より日本での周年事業開催の依頼を受け、同年9月UNESCO本部及び関係各省の協力のもと長崎・浦上天主堂において平和祈念コンサートを開催。また同年10月パリ・UNESCO本部にて、世界195ヶ国の政府よりユースが派遣される”UNESCO Youth Forum”において、コンサート“Nimura Project”を成功させ、各国政府機関より大きな称賛を浴びる。
所有楽器は1707年製ストラディヴァリ“Stella”。

主なテレビ作品「音楽にできること~ヴァイオリニスト二村英仁~」NHK総合、「封印された旋律」(BS-i・ハイビジョン国際映画祭入賞作品) CM作品 KDD「プロジェクト001 プラハ編」 CD ソニークラシカルより「音楽にできること」「時空をこえて」、イギリス・ロイヤルフィルハーモニック管弦楽団との共演で「スカーレット・メロディ~緋色の旋律」等をリリースしている。

in English

PAGETOP
Copyright © 二村英仁/Eijin Nimura Official Web Site All Rights Reserved.