新しい年を迎え、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
年の始めにはいつも清々しく一年の抱負を持つのですが、今年はなんとも複雑な気持ちで迎えた新年となりました。とは言え昨年より僅かでも明るい年とするためには、他人への思いやりを常に忘れず、たとえ状況は厳しくても何事にも大きな気持ちで臨める日々を送れるよう心の背筋を伸ばしています。
昨年3月から皆さんの前で演奏することがほとんど滞ってきたのは本当に残念でした。しかしその間レパートリーの見直しや開拓に充てる時間を持つことができ、今年からは少しずつコンサートの機会を増やしてゆきたいと考えていました。そんな矢先に状況が悪くなり始め、再びもどかしい日々がやってくることを覚悟しなくてはならない感じがします。生の音楽を聴いてもらえる歓びは何物にも代え難いですが、共演者やスタッフ、来場される皆さんの事を考えれば慎重にならざるを得ません。それでもなんとか皆さんに演奏を聴いてもらえるよう動画を始めアイデアを絞って発信してゆきたいです。
おそらく今後も僕らはこの感染症に翻弄されることが多々ありそうですが、色々な変化に適応できる柔軟な心と身体になってゆくしかありません。世界中が同じ敵と闘っている現在、医療現場など最も過酷な仕事をされている方たちの努力を思えば、たとえ不自由や面倒な事が多くても責任ある行動を怠らず、そんな中でも細やかながら幸せを見つけられるようこの一年を過ごしたいと思います。
この一年、皆さんにたくさんの幸せがやってきますように。今年も宜しくお願いいたします。