「ストラディヴァリウス 300年目のキセキ展」が六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにて開催中です。今月15日まで21挺のストラディヴァリウスがここに集結しています。ストラドがずらりと並ぶその空気感たるや別世界。僕の”Stella 1707″(写真)も展示されています。このエキシビションでは門外不出であるストラドも多い点が凄いです。そして世界で極々希少なストラディヴァリのギターも展示。
会場では世界初の試みとなる「展示ケースから取り出されたストラディヴァリウスをアーティストが演奏する」ミニ・コンサートも行われています。僕の演奏は10日に終わりましたが、最終日まで素晴らしい方々が出演されます。
昨夜は一般の方と同じくチケットを購入しプライベートでゆっくりと鑑賞しました。一挺一挺じっくりと眺めたあとは感慨に浸って思わず深呼吸してしまいました。ストラド21挺のひたすら美しい写真やヒストリーが載る荘重なブックも購入。これもおすすめです!
開催初日イタリア大使館で催されたレセプションでは、高嶋さんやたくさんの奏者の方と話が出来て楽しい時間を過ごしました。また、クレモナの松下さんを始め関係者の方々には期間中御世話になり大変感謝しております。
あと残り3日間のエキシビション、ぜひ皆様ご来場ください!!