一昨日の誕生日で48歳を迎えました。8月も残すところあと数日、夏休み恒例となった様々な学校への訪問演奏も終わりました。西日本豪雨による被災地域の様子がメディアに取り上げられる機会の多かったこの夏、各学校の生徒さんたちは特にボランティア活動に対して関心を示し、演奏だけではなく話にも熱心に耳を傾けてくれました。いま生徒さんたちに芽生えている無償の奉仕への気持ちがいつまでも続いてくれることや、僕の演奏や話が少しでも彼らの記憶に残ってくれることを願っています。
9月の下旬からは、再び岩手県・大船渡を基点として復興支援のために沿岸部をクローズドも含め6ヶ所廻ります。今回の共演者はウィーン在住のチェリスト・宇野健太君。彼とは10年来の知り合いで、これまでウィーンやパリでも僕と共演してくれました。誰もが唸る素晴らしい音楽を奏でる宇野君との演奏を被災地の皆様に聴いてもらえるのがとても嬉しいです。秋の連休中、近隣の皆様ぜひお越しください!!日程は次のとおりです。
9/22(土) カトリック釜石教会、9/23(日) 大船渡・居場所ハウス、陸前高田・小友コミュニティセンター、大船渡市防災観光交流センター2F
詳しくはhttp://eijin-nimura.com/wp/concerts/をご覧ください。
さて48歳の抱負ですが、これからも東日本大震災復興支援はもとより年々増える自然災害による被災地への支援も引き続き行なわなくてはなりません。それらに加えUNESCO平和芸術家として20年を迎えた今年は、世界の子どもや若者たちへの音楽に関連したサポートも再開したいとプランを立てています。
皆様からたくさん戴いている応援を励みにこの歳も前進してまいりたいと思います。どうぞ宜しく御願いいたします。