6 May 2017 posting先月20日に行なわれたパリ・UNESCO本部の会議に今回も出席。残念ながらパリ滞在中再びテロが起きてしまったが、次期フランス大統領選出の折、どうか平穏であることをザビエル教会で祈る。
会議では、世界で仙台が発祥となった「民間ユネスコ運動」が今年70周年を迎えた功績と価値を伝えた他、東北や熊本の復興支援などこの一年の活動報告を行ない、現地の人々に代わって願いを訴えた。
この11月任期を終えるボコバUNESCO事務局長へは、各々から謝辞が述べられるなか僕は演奏を贈った。翌日、ユネスコ日本政府代表部大使公邸においても演奏をさせていただいた。その後25日よりローマに入り、イタリアUNESCOにて今後のイタリアにおける活動についてミーティングを行なう。UNESCOが置かれている歴史的建築物で演奏もさせていただいたが、壁全面から返る響きには感慨を覚える。今回一連の行程でたくさんの方々に演奏を聴けてもらえたことは本当に幸せであった。あらためてユネスコ日本政府代表部の皆さまには大変御世話になり、誠に有難うございました。
それでは皆さま、変わりやすい気候のなかどうか体調にご留意ください!