Posting on 11 May 2015 for BLOG¥310,629- これは今回ネパール地震からの救済支援のために開いた僕のコンサートに向けて皆さんが献金してくださった本日までの総額である。開催決定から約一週間余りと告知期間が短かく、またGW明け初日の夜であったため、実際コンサートをフルにお聴きいただけた方は少なかった。しかし一方で事前に支援金を事務所に届けてくださる方、当日仕事の合間に駆けつけられ演奏を聴いている時間はないが募金だけされたいという方、「せめて一曲だけでも」と少しだけ聴かれてすぐに帰られる方、終演後募金だけに来られる方、またホールに郵便で送金される方など、様々な形でたくさんの方々から献金が為された。そしてコンサート日を過ぎても今日まで、色々な手段で多くの方々から支援金が送られた。その中には“お小遣いだけど使ってください”と渡してくれた小さな子どもさんもいた。
東日本大震災の折、ネパールは支援の手を差し伸べてくれた多くの国々のひとつでもある。その恩返しという意味合いだけでなく、他国の事柄でも困難な状況にある人たちを助けたいという、善良な気持ちを持っている方が日本にたくさんいることを誇りに思う。これこそがUNESCOが掲げる「連帯」の意識なのだ。
募らせていただいた支援金を本日、日本ユネスコ協会連盟に届けた。急遽開いたこのコンサートは、率先してスタッフとしてお手伝いくださった方たちの助力無しでは成し得なかった。またシェアという形で支援に参加してくださった方々の力も大きい。この度この救済支援にご献金・ご協力くださった全ての皆さんにあらためて深く感謝申し上げます。