今日から暑さが戻り、楽器の管理が大変。以前にも書いた7月31日と8月5日に行なわれるヴィヴァルディ/四季のチャリティー・コンサートですが、チェロの金木先生を始め伝田さん(vl.)、小池さん(vl.)、中村さん(va.)、岡本さん(cb.)ら東京フィル室内アンサンブルの方々と演奏いたします。金木先生とは十年来、また他の方々とは初めてなのでとても楽しみです。さてこの写真は、後にも先にも僕が唯一教える生徒となった男の子。秀でた才能を持つ彼は、一旦はヴァイオリンを休み、現在医学の道へ進むための勉強にまっしぐら。人の役に立ちたいと志を持つ少年。彼の奏でる音のなんと純粋で澄んでいたことか!夏休みのチャリティーが始まっている。演奏を聴いてくれている子ども達から伝わってくる、音楽に対してとても素直な空気感が好きだ。いつも元気をくれる子ども達には僕の方が感謝をしている。この音が彼らの記憶にいつまでも留まってくれることを願い、僕は弾く。