9月13日鷲見加寿子先生のリサイタルに行きました。縁あって鷲見先生と交流を持たせていただく事が出来、この日をずっと楽しみにしていました。冒頭バッハ/パルティータ最初のアルページオでゾクっとする感を覚え、知らず知らずのうちに感動で涙が。言葉では表現し尽せない先生の素晴らしい音楽に、身体全体がステージの方に吸い込まれていきそうな感じがした。強靭な精神力みなぎるステージでの先生の姿は一生忘れない。先日俺の本番直前、背中を一発バーンと叩いて気合いを入れてくださった鷲見先生。戴いたそのパワーでこれからも頑張らせていただきます!次の日は10月7日ザ・フェニックスホール公演の為の取材で大阪に行ってきた。この公演では「リスト/愛の夢 第3番」を無伴奏ヴァイオリンに編曲したものを即興で“Pray for Japan”の気持ちを込めて演奏します。この曲はこの日が初演!増席したけど残券僅少です。18日には来年指揮をしていただく井戸田先生ともお会い出来、楽しい話をいっぱい聴けて勉強になりました!19日はDUOの合わせ。暗譜もバッチリ!この10日間も目まぐるしくも充実した日々だった!!